『喜びとともに生きる』

生は無目的だ。

驚かなくていい。

目的という考え方全体が間違っている――それは強欲から生まれる。

生はどんな目的もない純然たる喜び、遊び心、楽しみ、笑いだ。

生そのものが生の目的なのだ、他に目的はない。

それが分かりさえすれば、あなたは瞑想とはいったい何かを理解したことになる。

それは、自分の生を喜びとともに、遊び心に満ちて、全面的に生きることだ。

しかも終わりの方に目的をおかず、目的を思い描かず、そこに目的がまったくない状態で。

ちょうど海辺で貝殻や色のついた石を集めて遊んでいる幼い子どもたちのように――何のために?

目的はまったくない。

OSHO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA