About us -Radha-

マ・クリシュナ・ラダ プロフィール
Krishna Radha クリシュナ・ラダ (カミーラ・ルーリョ)

イタリア南部・ナポリ生まれ。彼女の反逆的なスピリットは思春期からすでに彼女のファミリーが属していたナポリの快適な中産階級のライフ・スタイルを拒み、光明の「究極的」体験を求めるスピリチュアルな巡礼の旅を始めた。

ヨーロッパ各地を旅した後、1974年、インドの神秘家・バグワン・シュリ・ラジニーシ(現在はOshoと呼ばれる)のアシュラム(修道場)に到着し、彼の弟子となった。16年間に渡ってOshoのもとでワークし、中でも、「エナジー・ダルシャン」とよばれた マスターと弟子の間で起こる神秘的なエネルギー伝達のミディアム(媒体)として働いた実験的体験が、現在彼女の行っているワークの礎となった。

Oshoが肉体を離れた後、それまでの体験のすべてを統合する形で、世界各地様々なタントラ・グループのリードをスタート。生のすべての豊かさを生きるアプローチという意味で、自身のワークを「Tantralife タントラライフ」と名づける。 1990年代初頭から、インド・プネーのマルティバーシティを中心に、イタリア国内・インド・スカンジナビア諸国・ギリシアなどでワークショップ、セミナーをリードし、セラピスト・トレーニングに参画してきた。
現在はイタリアでThe European Itinerant School of Andrology (両性学の欧州巡回スクール)で教え、Casa di Cura del Policlinico (ミラノ) の両性学部において 「セクシャル・センシティビティ」のカウンセラーを務めている。
来日は90年代初めから十数回にのぼり、日本人との交感が深い。

2003年、自伝でもある「タントラライフ~変容のヴィジョン~」(和尚エンタープライズ・ジャパン刊)が日本で刊行され、その後、イタリア・イスラエル・インドなどで翻訳・出版が続いている。 イタリア・トスカーナ在住。

タントラライフ・ワーク

参加者の声

イタリア版「OSHOタイムズ」インタビュー記事

ラダ 動画メッセージ