コロナウィルス対策??

薬とは?瞑想とは? ****** 薬と瞑想は同じ語源から来ている。 癒すという意味だ。 薬は体を癒し、瞑想は魂を癒す。 薬は外向きで、瞑想は内向きだ。 薬と瞑想が深い調和のもとに一緒になる時に、初めて人は全一(トータル)になる。 深い統合が求められる。真のヒーラー(癒し手)は、いつも組織的な統合を考えるだろう。身体と魂の、物質と精神の、見えるものと見えざるものとの。 薬は瞑想がなければ、不完全なま […]

『あなたが完全な恋人を捜している時、相手も完全な恋人を捜していることを覚えておきなさい』

Q: 私は自分の全人生を、私を本当に愛してくれて、私から本当に愛されることを受け入れてくれる誰かに出会う為に費やしました。全ての私の試みは痛々しい失敗で、私は全く絶望し拒否されたように感じます。私のどこが悪いのですか?どうしたら私は、私の中の愛を感じられるのでしょう?どうしたら、私は私自身に出会い、愛することが出来るのでしょう? A: まず第1に、人は自分自身を受け入れることを学ばなければいけない […]

親密な関係性を望んでいますか?

私は親密な関係性を望んでいるのですが、関わるのが簡単ではありません。多分、私にとってあまり正しくないだろうと感じて、ためらってしまいます。私は誰かと本当に深く関わりたいのですが、それが出来ないのです。 ************************* と言う問いにOSHOはこう答えます。 ************************* 正しさそのものを待っていてはいけない。さもないとそれは決 […]

愛が問題

恐怖を感じると恐怖が問題だと思いがちだけど、愛が問題だった・・・とは・・・恐怖を感じているのなら愛について考えてみましょう♪ これはとても大事なことのような気がします。ぜひ一読あれ。 (長いので分割掲載します) ************** 恐怖は、愛のもうひとつの側面だ。もしあなたが愛の中にいたら、恐怖は消える。 もし愛の中にいなければ、恐怖がやってくる、とてつもない恐怖が。 [中略&#8230 […]

なぜタントラライフに行くのか?

タントラライフについてグナが語ってくれました。 ****************** 私は今、タントラライフジャパンの東京と群馬のヘルパー(スタッフ)をしています。先日20日のグループで初めて東京でヘルパーをしました。 初めてだったので、私の、しっかりヘルパーをやりたい!やらいでか!!といういつもの責任感と使命感の癖が全開になりそうなのを自分で気づき眺めつつ、でも漏れていて、ファシリテーターのカビ […]

『十分に呼吸していなければ、あなたは十分に生きられない』

ほとんどあらゆる所で、あなたは何かを抑えている。 愛している時でさえ。話している時でさえ抑えている。あなたは完全にはコミュニケートしない。何かがいつも不完全なままだ。 いったん呼吸が完璧になれば、他のあらゆることが調和する。 呼吸することは、生だ。 しかし人びとはそれを無視している。それについて全く心配していない。それに注意を向けない。 しかし起ころうとするあらゆる変化が、あなたの呼吸の変化を通し […]

「あなたは誰ですか?」

二人の精神科の医者が路上で出会った。 「やあ元気そうだね。  ところで僕の調子はどうだい?」とひとりが言った。  人々は互いに尋ねあっている。 誰も自分の調子がわからない。 彼らは互いに目をのぞき込み、 自分自身に関する情報を他人から集めている。 他人の意見がこれほど重要になっているのはそのためだ。 誰かに馬鹿だと言わ […]

抑圧してはいけない

現代社会にはびこる「思考」という病をわかりやすく書いてくれている。 「散乱に意識を向けることにより、 おのずと散乱を取り除くことができる」 ******************* 散乱に意識を向けることにより、 おのずと散乱を取り除くことができる。 とほうもなく深い意味を秘めた言明だ。 散乱を取り除く唯一の方法は、 それに気つき、それを見守り、それに静かに意識を向け、 […]

人間は樹であり、花を咲かせるためには膨大なエネルギーが必要だ

カバラは 「人間は樹であり、花を咲かせるためには膨大なエネルギーが必要だ」 と言う。 だが、エネルギーを蓄えるということは、 エネルギーを抑えることではないということを覚えておきなさい。 多くの人々がここで道を誤ってしまう。 エネルギーを蓄えることは、 エネルギーを抑えることではない。 そのプロセスはまったく違う。 抑圧するということは、 最も低いセンターを絶えず&n […]

いまここ

仏陀が悟りを開いたとき、何度もこう尋ねられた。 「あなたは何を得たのか。何を達成したのか?」 仏陀はこう言ったそうだ。 「何も達成していない。  むしろその逆に、自己を失った。  達成したものは、すでにそこに在った。  だから私がそれを達成したとは言えない。  かつてはそれに気つ”いていなかったが、  今はそれに気つ”いてい […]